これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ

  • 下書き:住宅購入の順番  
    ( )

    あるお年頃になると
    Aさん、お家買ったんだって
    Bさん、住宅にするかマンションにするか悩んでるみたいよ
    Cさん、建売にしたみたいよ
    なーんて、周りがざわざわしてきます

    そこで今日は住宅購入の順番をお話ししたいと思います

    正しい順番としては
    住宅を検討し始めたら、まずはローンシュミレーション
    そして物件を選んで購入

    間違った順番は
    住宅を検討し始めて、物件を探す
    その後、ローンシュミレーションをして購入

    何が違うのでしょう?

    ローンシュミレーションと物件を探すタイミングが違うだけです
    でも、そこが住宅購入には大きく違ってくるんです

    物件を先に探してしまうとどうしても
    高めのローンを組んでしまいがちです
    一生に一度だし・・・とか
    なんとか払える額だし・・・とか
    この家気に入ったし・・・とか

    先にローンシュミレーションをすると言うことは
    毎月の支払はこれくらいなら大丈夫!
    買える金額で物件を探そう!
    土地にお金を掛けるなら家はこれくらい?
    しっかりした家を建てたいから土地は少しくらい郊外でも・・・

    選び方が全く違ってきます
    余裕のないローンの組み方をすると支払いが滞ったり
    最悪、せっかく買った家をローンが残ったまま手放さなければならなくなったりします
    無理のない資金計画でより良い住宅を手に入れましょう
    資金計画があってはじめて、住宅購入に繋がると私は考えます

    住宅の事はもちろん、資金計画の相談まで
    何かありましたら是非、東住宅産業まで連絡ください
続きを読む..

  • 下書き:家計簿  
    ( )

    この歳になると老後の心配も出てきます

    友達同士で話していても
    貯金いくらくらいあればいいのかなー?
    前にテレビで
    老後は2000万必要って言ってたけど、そんなに貯めれる?
    とか言う会話がちらほら

    老後資金、住宅資金、教育資金・・・
    どれをとっても貯蓄が必要ってことです
    貯蓄とは・・・収入があったらまず貯蓄
    余ったから貯蓄しようではお金はたまりません

    そこで一番の道しるべとなるのが家計簿だと思います
    数字で判断できるようになりますし
    お金の流れがわかるようになります
    一円単位の数字まで合わせていたらかなり疲れますが…
    (私は多少の差額は雑費で処理)
    どこにお金が流れていったか知ることで正しい節約に繋がります
    項目ごとに整理してみると
    住居費は適正なのか
    保険料はこれで良い?
    内容を検討してみるべき?
    今、固定電話は殆ど使ってないのに光にする必要はあった?
    携帯電話のプランは?
    家計簿をつけて数字を見つめるだけで新しく見えてくるものがあると思います
    家計の全体像を知ることで次のステップに進めます

    子育ても、マイホームの夢も、老後の安定も
    資金計画だと思います

    各家庭ごとに適正なバランスは違います
    それぞれに合った家計のバランスを見つけていきましょう
続きを読む..

  • 下書き:ファースと暮らす会  
    ( )

    「住んでからも、より良く快適に暮らしていただきたい」という想いから
    改めて、ユーザー様を対象としたファースや住宅メンテナンスについての講習会を開催致しました。

    講師はファースのスペシャリスト、ファース本部福地建装の福地社長です!
    お忙しい中、たくさんの方にお集まりいただき、
    質疑応答では、時間内にお答えできない程のご質問や、
    またこういった場を設けて欲しいというご意見など頂きまして、
    本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    それと共に、皆様の住宅や暮らしに対しての関心の高さに負けないように
    精進していかないといけないなという気持ちになりました。

    ユーザー様のメンテナンスやアフターフォローなど、中々完璧に出来ず
    様々なご意見もあるかと思います。
    真摯に受け止め、皆様の暮らしが少しでも快適になりますよう
    努めて参ります。
続きを読む..

  • 下書き:ヒートショックとは  
    ( )

    ヒートショックはこうして起こります

    例えば浴室ですが、
    入浴事故と血圧の変動は深く関係していると言われております

    寒い脱衣室で服を脱ぐとさ寒さで血管が収縮し、血圧が上昇します

    寒い浴室に入り、更に血圧が上昇します

    熱いお湯につかって体が温まってくると今度は血管が拡張し、急激に血圧が低下します

    この温度の急な変化が体に与えるショックの事をヒートショックと言います

    暖房設備を上手に使ったり、
    お風呂の温度の設定を考えたり、
    温度のバリアフリー化で安心して入浴できるようにしましょう

    ポイントとしては
    湯はりの時に浴室を暖める
    脱衣室も暖める
    お湯の温度はぬるめの41度以下に
    掛け湯をしてから入る
    入浴前に水分をとる

    そうそう、温度設定と言う訳ではありませんが、
    入浴前にご家族に
    これからお風呂に入るよー
    と、声をかけるといいかもしれません

    来週は窓の断熱リフォームについてお話しさせて頂きます
続きを読む..

  • 下書き:頭金  
    ( )

    住宅購入の際の頭金の理想は最低2割と言われてます

    なぜ2割?

    それは購入してすぐに売ったとしても8割程度の価値しかないと
    判断されてしまうからです
    全額ローンにしてしまったら売ってもローンだけが残ってしまいます

    2割が理想ですが、足りない時はまず手持ち資金をもう一度洗い出してみましょう
    予算が合わないと思ったら

    家計を見直し
    固定費を検討する
    使途不明金を無くす
    目標を決めて貯蓄する等々
    ライフプランを組んで頭金が貯まるまで購入を待つのもひとつだと思います

    予算が取れないのにギリギリの物件を選んでしまうのもいけない事だと思います
    物件のグレードを少し下げるのもひとつの選択肢です

    そして親に相談するのもひとつです
    可能なら大助かりです
    親からの援助なら住宅取得資金贈与の非課税措置もあります

    今は低金利時代
    賃貸でお金をかけるより住宅ローンでマイホームを!
    と、言う気持ちもわかります

    家の事なら東住宅産業までお問合せください
続きを読む..

< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >