これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ

  • 下書き:ランドリールーム  
    ( )

    こんにちは。
    花粉症の季節がやって参りましたね。

    花粉症でお困りの方以外にも、一年を通して洗濯は部屋干し派という方も多いのではないでしょうか。
    時間や天候を気にせずに洗濯出来るというのは、家事の負担を減らしてくれますよね。

    しかし、せっかくランドリールームを設けても、
    その部屋が寒くて中々乾かない
    梅雨の時期も乾かないでは
    ランドリールームだけの為に暖房器や除湿器などを設置しなくてはいけません。
    結局光熱費や負担が増えてしまいます。

    ランドリールームを作るには、希望すればどちらの会社さんでも間取りに組み込んでくれます。
    ただ、その部屋が一年を通して機能してくれるかは、住宅性能によりますよね!

続きを読む..

  • 下書き:初期投資とランニングコスト、快適さ  
    ( )

    こんにちは。
    先日ファースのお客様から興味深い話を伺いました。

    それは、雪が少なく暖かかった去年の冬より、
    大雪大寒波の今年の冬の方が光熱費が安くなっているという話です!
    ちょっとびっくりですよね。たいていはどこのお家も去年よりは高くなっていますから。

    考えられる要因としては、
    小屋裏のエアコンの容量を2.8kw→4kwのものに変えたことだそうです。
    容量の大きいものに変えたことで、機械に負荷がかからなくなったことが良かったのでしょうか?

    このことだけが要因ではないかもしれませんが、
    初期投資を多少かけることで、その後のランニングコストが楽になるというのは
    よくある話ですよね!
    ランニングコストだけでなく、生活の快適さも変わってきます。

    住宅性能、
    住設機器、
    太陽光発電や
    家電 など

    どこにどのくらいかけるかは、本当にそのご家庭それぞれ。
    もちろん、すべてに良いものを投資出来たら一番いいのですが、それは無理な話ですよね。

    その後のランニングコストや快適性をじっくり考えたうえで、
    「高い」と「安い」を決めてみて下さい。



続きを読む..

  • 下書き:思わぬ発見  
    ( )

    こんにちは。

    事務所のドアを開けると、スースー冷気が入ってきてしまうので
    30倍発泡の硬質ウレタンフォーム(エアクララ)と
    100倍発泡の軟質ウレタンフォームの断熱材比較サンプルを通路に置いて
    風よけにしています。断熱ですね( ´艸`)

    この断熱材サンプルを動かしたりたまにぶつかったりするうちに、
    あることを発見しました。
    軟質の方はポロポロ剥がれてくるんです。
    木枠との隙間も生まれてるし、子供が指で穴を空けられるしでどんどん劣化しています。

    住宅全体に置き換えれば、動かしたり指で穴空ける訳じゃありませんが、
    気密性や、接着強度、頑丈さ、透湿性などの違いが生まれるのは明らかです。

    改めて、エアクララの高い性能を実感する発見でした。
続きを読む..

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >