• 下書き:固定資産税調査  
    ( )

    こんにちは。

    家を建てたら、やって来るのが「固定資産税」です。
    では、その固定資産税とはどうやって決まるのでしょうか?

    答えは、
    固定資産税調査(家屋調査)員の方が実際に建った家に訪れ、
    家の評価額を決めにやって来ます。

    訪問の日程は調整出来ますが、土日は役所がお休みなので、
    平日での調査になると思います。

    【何を調査するの?】
    主に、内装材・外装材などの素材をチェックします。
    大理石やタイルなどの素材は評価額がアップします。

    収納の中や、天井の高さ、部屋の広さ、キッチンや
    浴槽の大きさなども調査。
    決められた基準をもとに、
    基準より評価額が上がるのか下がるのかを見ていきます。

    【固定資産税がいくらかいつ分かるの?】
    調査の日、その場では金額は分かりません!
    毎年5月に、納税通知書が発送されます。

    いくら請求が来るのかドキドキですが、嬉しい減額措置もあります!
    3年間は固定資産税が1/2でいいんです。
    長期優良住宅なら5年間です。
    (期間や適応条件がありますが、今回は割愛します)

    【固定資産税を抑える為に建築中意識することは?】
    正直!大理石などのよっぽどな高級素材を使わない限り、
    現在の一般住宅で使われる建材では、
    固定資産額にはあまり影響しないとのこと。
    違っても何百円とか・・

    建築中は、好きなものを選んだ方が後悔はないでしょう!

    ※お住いの自治体によって異なる場合があります。
     一例として参考にして下さいね。



続きを読む..

  • 下書き:快適です  
    ( )

    こんにちは。
    先日、わたくし兼子の新居を無事に引渡ししていただき、
    引っ越しを済ませ住み始めました!

    もう快適の一言です!
    「家の中がどこでも暖かい」ということは
    ・お風呂に行くのもトイレに行くのも億劫じゃない
    ・お風呂上りに、子供を「寒いから早く服着なさい!」と怒らなくていい
    ・寝室に暖房器具を置かなくていいから、乾燥も気にならない
    ・フリースのようなモコモコしたパジャマを着なくていいので、
     収納場所も取らない(洗濯も楽)
    ・着る服が冷たくない
    ・裸足で歩けるので、階段で子供を抱っこしての転倒リスクが減る



    などなど、快適なだけでなく色んな幸せが付随して来ます。
    と、言っても、まだ一週間も住んでいないので (笑)
    今後も住み心地をリポートしていきますね!
続きを読む..

  • 下書き:雑誌の撮影しました  
    ( )

    こんにちは。

    先日引渡しが完了した、寒河江市の新築物件(私の家です)の
    雑誌の撮影を行いました。

    娘にも出てもらい、暖かい雰囲気の仕上がりになったと思います!
    (実際に雑誌が発売されるのは8月ですが・・)
    私はロングTシャツ、娘は半そでのTシャツでしたが
    室内はそれでちょうどいい位でした(*^^*)

    ニットを着ていたカメラマンさんは暑そうでした (笑)

    今後は第二の展示場として、たくさんの方に見て頂けたらと思います。
続きを読む..

< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >