• 下書き:フローリング材の選び方  
    ( )

    こんにちは。
    今回はフローリングの話をひとつ!

    フローリング材は、大きく分けて
    ・合板フロア
    ・無垢フロア
    の二種類があります。
    写真の通り、断面にも違いがはっきり見られますね。
    合板フロアは、何層にも合板を重ねて
    表面に木目のシートや突板(無垢材を薄くスライスしたもの)を貼ったもの。
    一方、無垢フロアは一枚板で出来ていることが分かります。

    それぞれのメリット、デメリットとしては
    ≪合板フロア≫
    メリット
    ・色や模様のバリエーションが豊富
    ・経年変化が少ない
    ・温度や湿度の変化、水に強い
    ・多機能(傷が付きにくい汚れにくいなど)な商品が多い
    デメリット
    ・寿命としては無垢フロアより短い
    ・冬場はひんやり感じるかも
    ・足ざわりが硬いものもある
    ・やっぱり、肌触りは無垢フロアのように暖かみがない

    ≪無垢フロア≫
    メリット
    ・冬場でもひんやりしない
    ・木材本来の美しさ、暖かみがある
    ・経年の変化を楽しめる
    ・肌触りがよく、足への負担も少ない
    デメリット
    ・手入れが必要
    ・膨張と伸縮を繰り返す(隙間にゴミが入りやすい)
    ・水に弱い
    ・傷が付きやすい

    特徴がまるで正反対ですね!

    水回りには水に強く掃除のしやすい合板、
    くつろぐLDKには優しい感触の無垢・・
    など箇所で使い分けてもいいですね。

    どっちの方がいいとか、どっちをおすすめしますとかではなく、
    住む人の習慣に合わせることが大切です。
続きを読む..

  • 下書き:地鎮祭  
    ( )

    こんにちは。
    すっかり涼しくなってきましたね。

    先日、山形市にて地鎮祭を執り行いました!
    息子さんも一生懸命お清めの塩を撒いてくれました(*^^*)
    これからよろしくお願いいたします!

続きを読む..

  • 下書き:そのお悩み、「窓」で解決できるかも?  
    ( )

    こんにちは。

    家が出来て、住んでからよく聞く後悔ポイント&お悩みといえば・・

    ・暑い!
    ・寒い!
    ・結露する

    です。特に山形は暑さ寒さの厳しい気候ですからね。
    その悩みを解決するには、住宅性能をよくすること
    住宅性能を良くするには、窓が決めてです!

    窓の種類はいくつかあって、
    ★窓枠(サッシ)部分が 木製orアルミ製or樹脂製
    ★ガラスの数が 1枚or2枚or3枚
    ★ガラスの間にガスが入っているか?
    この違いによって、断熱性能が天と地ほど変わります。

    弊社でおすすめ&標準で使用しているのが、
    トリプルガラスの樹脂サッシです。
    サッシ部分が、室内も外壁側も樹脂製で、ガラスが3枚入っています。
    そして、ガラスの間には、アルゴンガス(またはクリプトンガス)入り!

    夏の強い日差しはシャットアウトし、冬は暖まった室内の熱を逃がしません。
    窓の結露の発生原因は、冬など低い外気温によって、
    室内側の窓ガラスまで冷たくなることで起こるのですが、
    性能のいい窓は室内側のガラスが冷たくなりにくいので、
    びしゃびしゃになるような結露も起こりにくいのです。
    (※まったく結露が発生しない訳ではありません。
    まったく結露がない状態とは、むしろ過乾燥の場合があります。
    適正な湿度を守ろうとすれば、多少の「健康的な湿度」はあると思って下さい。)

    窓は後で交換しようと思っても中々難しいです。
    窓の性能まで選べるのは、新築注文住宅の特権です♪
    性能のいい窓を選び、快適なお家ライフを楽しんで下さいね。

続きを読む..

< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >