これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

東住宅産業|スタッフブログ「手すりの種類と使用方法・使用場所」

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ


手すりの種類と使用方法・使用場所 
( 掲載 : )

手すりの種類には大きく分けて、ハンドレールとグラブバーの2つがあります

ハンドレールは
からだの位置を移動させる時に手を滑らせながら使用します
使用場所は
門扉から玄関までのアプローチ
廊下・階段などです
手を滑らせながら使用するので太い方が安定感があることから
直径32-36o程度です

グラブバーは
移乗動作や立ち座り動作の時にしっかりとつかまって使用します
使用場所は
玄関・トイレ・洗面・脱衣室・浴室などです
重心の上下移動、移乗用に使われる手すりは
しっかりと握った時に親指と他の指先が軽く重なる方が良いため、
直径は28-32o程度です

使う方にあった種類の物を、適切な場所に取り付けることにより
転倒の防止に繋がります