これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

東住宅産業|スタッフブログ「ヒートショックとは」

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ


ヒートショックとは 
( 掲載 : )

ヒートショックはこうして起こります

例えば浴室ですが、
入浴事故と血圧の変動は深く関係していると言われております

寒い脱衣室で服を脱ぐとさ寒さで血管が収縮し、血圧が上昇します

寒い浴室に入り、更に血圧が上昇します

熱いお湯につかって体が温まってくると今度は血管が拡張し、急激に血圧が低下します

この温度の急な変化が体に与えるショックの事をヒートショックと言います

暖房設備を上手に使ったり、
お風呂の温度の設定を考えたり、
温度のバリアフリー化で安心して入浴できるようにしましょう

ポイントとしては
湯はりの時に浴室を暖める
脱衣室も暖める
お湯の温度はぬるめの41度以下に
掛け湯をしてから入る
入浴前に水分をとる

そうそう、温度設定と言う訳ではありませんが、
入浴前にご家族に
これからお風呂に入るよー
と、声をかけるといいかもしれません

来週は窓の断熱リフォームについてお話しさせて頂きます