これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

東住宅産業|スタッフブログ「キッチンのワークトップは?」

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ


キッチンのワークトップは? 
( 掲載 : )

カレーか?ラーメンか?位
悩ましい選択で、システムキッチンのワークトップを
「人工大理石」にするか
「ステンレス」にするか というものがあります。
それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

●人工大理石●
樹脂でできた、天然石のような見た目と質感。
メンテナンス性とデザインが魅力。

≪メリット≫
・色やデザインが豊富で、どんなテイストのインテリアにも
 合わせることができる。
・見た目の高級感が出る。
・水垢が付きにくく目立ちにくい。
・表面の汚れや傷を研磨出来る。

≪デメリット≫
・熱に弱い(鍋などを直置きすると変色したりする)。
・次第に黄ばんでくる。
・重くて硬いものを落とすとワークトップが割れる。
 (逆に食器などを落とすと食器が割れてしまうことも)
・傷が付きやすく、そこに汚れが残りやすい。

●ステンレス●
飲食店の厨房でほとんどの割合を占めるのはステンレス。
プロも愛用する耐久性が魅力。

≪メリット≫
・熱、傷、錆に強い
・衝撃を吸収するので物を落としても割れにくい。
・人大より価格が安い。
・機能と価格の面から、コストパフォーマンスに優れている。

≪デメリット≫
・見た目が無機質で、見る人によっては安っぽい。
・デザインの幅がない。
・水垢が付きやすい
・錆に強いとは言っても、もらい錆はする

このように、どちらにもメリットデメリットがあります。
個人的には、
★デザイン重視!パッと明るいキッチンやナチュラルテイストが好きな方
★キッチンを『作業台』ではなく『家具やインテリアの一部』と考える方
★こまめにささっとお掃除するのが好きな方
≫≫人工大理石

★男前インテリアや無機質な感じが好き
★キッチンでは多少雑な位にガンガン作業したい
★どちらでもいいので価格を抑えたい
≫≫ステンレス
かな?と思います。
ライフスタイルやお好み、お聞かせいただき一緒に選んでいきましょう(*^^*)