これから山形で住宅を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす「ファースの家」をご検討下さい。

東住宅産業|スタッフブログ「快適な湿度はどのくらい?」

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ


快適な湿度はどのくらい? 
( 掲載 : )

こんにちは。
近頃めっきり寒くなってきましたね。
もう雪が降りそうです。

さて、寒くなってくると気になるのが乾燥ですね。
家の中がカラカラに乾燥している・・なんてことも。

今回は、快適な湿度について簡単にご紹介します!

【人が快適に感じる湿度は40%〜60%】
美術品も(展示物によりますが)大体50%〜55%前後に保たれています。
美術館の空気はなんだか気持ちいいですよね。
あの空気感が快適に感じる湿温です。

【湿度は健康の鍵】
湿度が40%以下になると、乾燥しすぎてウイルスが活発になります。
風邪を引きやすくなったり、肌や目の乾燥も気になります。

逆に60%を超えてくると、カビやダニが発生するリスクが高まり、
アレルギー発症につながってしまうことも・・

【湿度で体感温度も変わる】
温度が同じでも、湿度によって体感温度が変わります。
例えばサウナ。サウナの中の温度は70℃〜90℃ですが、
中に入ったからと言って火傷するわけではありません。
これは、サウナ内の湿度が5%〜10%に保たれているからです。
空気は水に比べて温度を伝えにくいのですね。
90℃の水に触れればたちまち火傷をしてしまいますが、空気に水分を含んでいない状態(乾燥状態)にしてそれを防いでいます。

雪国の人が言う、「雪の日の方があったかい」はこういう理屈です。
雪が降る日は雨が降るときと同じように、湿度が高いんですね。

暮らしの中でも、ちょっと湿度に気を配ってあげると
快適性や健康の面ががらっと変わります。

壁がびしゃびしゃ濡れるほどの結露にお悩みの方や、
過乾燥が起こりにくい住宅に住みたいなという方は、
是非弊社にご相談下さいね(*^^*)